×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナイキャンセル


ナイフキャンセルを不必要なまでに煮詰めてみました。
稼ぐ上では「土嚢斬り」さえ知っていれば問題ないかと思います。


◆1 基礎知識

近接攻撃の種類近接攻撃をキャンセルできる動作
立ちナイフ・ジャンプナイフしゃがみ、打撃、息切れ(デブ状態)
立ち打撃振り向き、ジャンプ
しゃがみナイフ・打撃立ち、ジャンプ
しゃがみナイフ・打撃
(H、L、BH、BL所持)
立ち、ジャンプ、振り向き
デブ状態でもキャンセルのさせ方は基本的に変わらない。 2面後半までレーザーを持ち越せば、5万点宝石を出すミイラに対し しゃがみナイフの振り向きキャンセルで連続で斬ることができる。 メタスラ3式のナイフキャンセル。 ◆2.1 ナイフ 立ちナイフとしゃがみナイフの繰り返しで簡単に連続で斬ることができる。 ◆2.2 打撃 打撃とは蹴り、張り手、パンチングマシーンなどの 特定の場所で変化する近接攻撃のことを指す。 ジャンプ打撃というのは存在せず空中ではナイフが出る。 立ち打撃がしゃがみでキャンセルできないので、 ナイフに比べてキャンセルしにくくなっている。 基本的には、しゃがみ打撃×N→立ち打撃という流れで 敵を斬って(殴って)いく。 ナイフとボムのモーションを打撃でキャンセルすることができる。 本来打撃が出るところでもナイフが出る時がある。法則性は不明。 ナイフの様に連続で斬り続ける事はできないが、 工夫すればある程度の連撃は可能。 3連撃:しゃがみ打撃→(ノーキャンセル)しゃがみ打撃→立ち打撃 3連撃:しゃがみ打撃→立ち打撃→上りジャンプナイフ 3連撃:下りジャンプナイフ→しゃがみor立ち打撃→上りジャンプナイフ 4連撃:下りジャンプナイフ→しゃがみ打撃→立ち打撃→上りジャンプナイフ ◆2.3 デブ 立ち・ジャンプナイフがフォークに、しゃがみナイフがムチに変化する。 打撃は出なくなる。 フォークは通常のナイフよりもモーションが小さく、 連打するとナイフ連打よりも早く斬ることができる (キャンセルを絡めると、当然ナイフの方が早く斬れる)。 ムチはリーチが伸びる反面出が遅くなるため、キャンセルしてもあまり早く斬れない。 そのためデブ状態で連続で斬る時には、キャンセルをせずに フォークを連打するのが基本となる。 また、ムチはリーチが伸びてしまうために盾兵を斬るには向かない。 盾を攻撃するとそのまま兵にまで攻撃が届いてしまうからだ。 ただ、その性質ゆえ複数の敵を攻撃するには向いている。 加えて土嚢を斬ることにも向いている。理由は「土嚢斬り」の方で。 息切れモーションでもナイフキャンセルできる。 加えて、歩きナイフ直後に振り向くと 振り向く直前に必ずニュートラルモーションを経由して息切れが出る。 そのため、 歩きナイフ→ニュートラル(息切れキャンセル)→振り向き となり、あたかも振り向きモーションでナイフをキャンセルしたかの様になる。 デブの着地→歩き出しモーションでもナイフをキャンセルできる。 着地場所が土嚢の上だとなぜかナイフそのものが キャンセルされて攻撃できない時がある。 戻る